Concept

< JLICとは >
「Japan Local Innovators Committee(通称JLIC)」事業は、
日本に詳しい外国人プロデューサーのネットワークづくりとともに、地域のキーマンが出会い、
あたらしい地域の見せ方を提案することを目的にしています。
2012年度は実験の場と位置づけ、各回で地域に赴き、地元の文化や食に触れる機会を実施してきました。

< 今後の展開 >
今後はさまざまな地域と連携し、JLICメンバーが現地を訪れ、その地域の資源や課題を理解した上で、あたらしい見せ方などをプロデュースしていきます。
具体的には、ツーリズムデザインやブランディング、商品開発などその地域ならではのカスタムソリューションをデザインする仕組みとなり展開をしていきます。
また、地域や企業のニーズに合わせた海外戦略やインバウンド戦略に向けて、
大使館との連携や、新メンバーの参加など、さらなるネットワークの構築を図っていきます。

Japan Local Innovators Committee(通称JLIC) 対系図

Projects & Partners

  • - Project 8 -

    JLIC グローバルネイバーフッドキッチン

    JLIC グローバルネイバーフッドキッチン
    都心のど真ん中で、日本の地域の物や事と、外国人の視点でプロデュースをあわせた、Global な隣人たちと食事という意味で、「グローバルネイバーフッドキッチン」を開催。様々な地域のキーマンとインターナショナルなキーマンか出会う場から、新たな創造を生み出しました。また、来年度に向けた JLIC の展開も共有しました。
    (2014年3月15日)

    < PARTNERS >
    舘野真知子氏(発酵料理研究家・シェフ・料理本著者) / 柴田かおる氏、角田奈穂子氏(Nippon GO!)
    生産者 : 山田立氏(玉川堂) / 廣田達朗氏(廣田硝子 / 松永将和氏(コエドビール) / 福島屋(ナチュラルフードマーケット)

    >> プロジェクトの動画がご覧になれます。
  • - Project 7 -

    JLIC presents にっぽんトラベルレストラン
    Winter Sake-tion ~にいがた日本酒旅~

    JLIC presents にっぽんトラベルレストラン Winter Sake-tion ~にいがた日本酒旅~
    「新潟清酒」をテーマに、東京から外国人メンバーが新潟の農家や酒蔵を訪問。"生産者"という視点を切り口に、新潟の日本酒の物語を紐解きました。酒蔵と地域の関連性からみえる地域の風土を感じ、それぞれの地域で生まれる日本酒を味わいました。外国人視点から地域に対し、示唆に富む意見をいただきました。
    (2014年2月1~2日)

    < PARTNERS >
    高塚俊郎氏(タカツカ農園・生産者) / 村祐酒造(酒蔵) / 諸橋弥須衛氏(諸橋弥次郎農園・生産者) / 石本龍則氏(石本酒造代表取締役・酒蔵) / 宮尾浩史氏(宮尾農園・生産者) / 山本平吉氏(今代司酒造蔵元・酒蔵) / 横山毅氏(丸伊・料理人) / 田沢勝氏(大洋酒造杜氏・酒蔵) / 本間正栄(生産者)

    >> にっぽんトラベルレストラン
    >> プロジェクトの動画がご覧になれます。
  • - Project 6 -

    山梨ワインツーリズムトラベルレストラン

    山梨ワインツーリズムトラベルレストラン
    山梨にて、ワイン生産者や農業生産者のキーマンを訪問し、ワインツーリズムとアグリツーリズムを融合させた1泊2日のツアーを開催しました。ワインツーリズム体験を行い、主要な甲州ワイン生産者やワイナリー を訪問。ワインづくりから独自ラインナップまで、試飲をしながら学び体験。また、農業経営の現場も視察し、飲食のコラボレーションを行い、地元のキーマンとともに食の可能性とツーリズムデザインについてディスカッションを行いました。
    (2013年12月5〜6日)

    < PARTNERS >
    笹本貴之氏(笹本環境オフィス株式会社) / 田中進氏(株式会社サラダボウル) / 古屋浩氏(株式会社FT山梨) / 鶴田真也(株式会社STカンパニー)

    >> にっぽんトラベルレストラン
    >> プロジェクトの動画がご覧になれます。
  • - Project 5 -

    JLIC 奥多摩視察ツアー

    JLIC 奥多摩視察ツアー
    東京都でありながら、豊かな自然が残る奥多摩を視察し、日本の森の現状と課題を踏まえた、森林の活用について意見交換を行いました。また、今回は(株)森と市庭の案内のもと、奥多摩の森に加えて、彼らの拠点である人々か集い関わる場となる古民家や廃校も訪問。山主のお宅も訪問し、森の現状と課題について、必要な手入れや循環の意味、木の基礎情報等を解説いただき、これらの場の活用とともに、奥多摩に新たな魅力や楽しみ方を提案する機会を設けました。
    (2013年10月14日)

    < PARTNERS >
    阿部寛人氏 / 西原啓史氏 / 金井志保氏 / 菅原和利氏) / 木村康雄氏(林家) / 山崎靖代 氏(山主)

    >> プロジェクトの動画がご覧になれます。
  • - Project 4 -

    いいね! JAPAN Social Excursion

    いいね!JAPAN Social Excursion
    日本の地域を元気にするソーシャルメディア「いいね!JAPAN」の企画で、海外向けて日本を紹介する「Social Excursion」がスタート。JLICメンバーが日本の魅力を発信していきます。


    Official Website :
    http://iine-japan.f-navigation.jp/social-excursions-japan/
    Facebook :
    https://www.facebook.com/SocialExcursionsJapan
  • - Project 3 -

    JLICグローバルネイバーフッドキッチン

    JLICグローバルネイバーフッドキッチン
    都心のど真ん中で、日本の地域の物や事と、外国人の視点でのプロデュースをあわせた、Globalな隣人たちとの食事という意味での、「グローバルネイバーフッドキッチン」を開催。さまざまな地域のキーマンとインターナショナルなキーマンか出会う場から、あらたな創造を生み出しました。また、来年度に向けたJLICの展開も共有しました。
    (2013年3月9日)

    < PARTNERS >
    加茂桐箪笥((株)イシモク) / 木曽漆器((有)伊藤寛司商店) / 江戸切子((株)堀口切子) / 印伝((有)印伝の山本) / (有)筑波ハム / 甲州ワイン(丸藤葡萄酒工業(株)、(株)ルミエール) / (株)スノーピーク / 森ビル(株)
  • - Project 2 -

    JLIC presents にっぽんトラベルレストラン
    冬の新潟を味わう

    JLIC presents にっぽんトラベルレストラン 冬の新潟を味わう
    「冬の新潟を味わう」をテーマに、新潟の農家や酒蔵を巡る新潟トラベルレストランを開催し、東京から外国人メンバー5名が参加。地域の生産者や地元の人々と出会い、地元の文化に触れ、交流する中で外国人の視点から示唆に富むさまざまな意見が交わされました。
    (2013年2月2-3日)

    < PARTNERS >
    宮尾浩史氏(宮尾農園・生産者) / 池上晴樹氏(「レストラン カシェット池上」シェフ) / 山本平吉氏(今代司酒造(株) 9代目蔵元) / 田沢勝氏(大洋酒造(株) 杜氏) / 飯島剛志氏(冨士美園・茶師)

    >> にっぽんトラベルレストラン
    >> プロジェクトの動画がご覧になれます。
  • - Project 1 -

    キックオフミーティング
    「外国人と地域のキーマンが日本の魅力を語る」

    キックオフミーティング「外国人と地域のキーマンが日本の魅力を語る」
    JLICキックオフミーティングとして、(有)新日屋協力のもと東京都内にて「外国人と地域のキーマンか日本の魅力を語る」を開催。8名の外国人を招き 日本の民族衣装である着物と日本の伝統楽器の鼓を体験。日本文化の本 質的なホスピタリティやものづくりの技術を体感しました。また、第二部では、世界に競争力をもつ日本の地域資源の発掘や情報発信等について、各地域の活性化を担うキーマンとのディスカッションを行いました。
    (2012年12月15日)


    < PARTNERS >
    (有)新日屋

Members

Everett Kennedy Brown エバレット・ブラウン氏

伝統文化

Everett Kennedy Brown
エバレット・ブラウン氏
(epa通信社日本支局長/ブラウンズフィールド代表)

1959年アメリカ、ワシントン生まれ。1988年から日本に定住。フォトジャーナリストとして、タイム、ニューズウ ィーク、ニューヨーク・タイムズなど国内外の主要なメディアで作品を発表している。著書に『俺たちのニッポン』(小学館)、共著に『生きてるだけで、いいんじゃない』(中島デコ共著・近代映画社)『日本力』(松岡正剛 氏共著・パルコ出版)ほか多数。
Tom Vincent トム・ヴィンセント氏

クリエイティブ&アート

Tom Vincent
トム・ヴィンセント氏
(株式会社トノループネットワークス代表)

1967年ロンドン生まれ。1996年から日本永住。(株)イメージソースの役員兼クリエイティブディレクターなどを経て、2005~08年バイリンガルオンラインマガジン「PingMag」を手がける。2009年に(株)トノループネットワークス設立。さまざまな企業のウェブや映像の仕事を手がける一方、多くの地域のプロジェクトに参加している。
Nancy Singleton-Hachisu ナンシー・シングルトン・八須氏

フードカルチャー

Nancy Singleton-Hachisu
ナンシー・シングルトン・八須氏
(料理本著者・料理研究者)

カリフォルニア州出身。1988年来日。埼玉県熊谷市で自然農業を営む八須理明氏と結婚。2001年には英 語と自然の環境の中で子供を育てる幼稚園「サニーサイドアッフ!」開設。2012年に日本の生活と料理を綴った「Japanese Farm Food」(Andrews-McMeel社)がアメリカで出版され、世界中のフードライターや 各メディアの2012年料理本トップリストに掲載される。
Justin Potts ジャスティン・ポッツ氏

コミュニティ

Justin Potts
ジャスティン・ポッツ氏
(株式会社umari)

1981年アメリカ・ワシントン州生まれ。来日後多彩な分野にわたり関東・関西を行き来しPR・国際ビシネス展開のプラニンク、記事の執筆・編集なとを中心に活動。現在は「農業実験レストラン・六本木農園」や「International TERAKOYA」にて都会と地方を繋ぐプログラムを企画・運営している。
Tony McNicol トニー・マクニコル氏

メディア

Tony McNicol
トニー・マクニコル氏
(WeDoJapan Ltd. ディレクター、ジャーナリスト、カメラマン)

1975年イギリス生まれ。1998年初来日。2002年より2013年まで日本に住む。15年以上に渡りフリーランスジャーナリストとして日本のさまざ まな場所を取材で訪れている。『ワイアード・マガジン』、『ナショナル・ジオグラフィック・ニュース』、『ニューズウィーク日本版』、全日空および日本航 空の航空機内誌など、国内外のメディア向けに記事と写真を提供。2013年イギリスへ戻り、世界遺産の街である故郷のバース市を拠点にコンテンツ作成およびメディアサービスを提供すべく、WeDoJapan Ltd.設立。観光促進、地域再生に特に強い関心を寄せつつ、日本の企業・団体とともに、数多く存在する日本の秘められた宝を世界へとアピールしている。
Ian Chun イアン・チュン氏

ウェブ販売

Ian Chun
イアン・チュン氏
(株式会社MATCHA LATTE MEDIA代表取締役)

米国ハワイ州生まれ、1999年日本文学の研究で来日。日本の出版社やITメーカーのマーケティング部に勤めた後、2012年に「日本文化を世界中の消費者にお届けする」ために株式会社MATCHA LATTE MEDIAを設立。食品や伝統工芸品を作っている中小企業をネット通販によってグローバルの舞台に連れていくスタートアップ企業として、「ユノミアス」というネットショップを開発し、世界50カ国に日本茶の普及活動中。
D.H. Rosen D.H. ローゼン氏

アート・イベント

D.H. Rosen
D.H. ローゼン氏
(Tokyo DEX代表)

ダニエル・ハリス・ローゼン(フィラデルフィア出身)は、日本で約20年、ビジュアルアーティスト、ライター、キュレーター、イベント/映画/マルチメディア企画のクリエイティブディレクターとして活躍してきました。2010年には多摩美術大学の大学院美術研究科で博士号を取得し、2012年、これまでの活動の集大成となる「TokyoDex」を設立。「Dex」は「dexterous」(意味:独創的、巧み、器用)から最初の3文字を取りました。TokyoDexのスタッフおよび会員アーティストの全員がこれを理想とし、キュレーション、クリエイティブコンサルティング、イベントデザイン、ビデオ制作などの多角的で幅広いサービスを提供しています。
Sebastien Lemoine セバスチャン・ルモアンヌ氏

酒文化

Sebastien Lemoine
セバスチャン・ルモアンヌ
(コンサルタント)

フランス、ノルマンディ生まれ。1987年にサマーインターンとして初来日。以後、2012年まで主要な金融センターで国際的な銀行業務に従事しながら、様々な文化の熱狂的なファンとして、数年をかけて精力的に日本中を旅行。長年に渡り東京に居住し、Sake Education CouncilのCertified Sake Professional資格を取得。近年、より幅広い人々に日本酒と日本酒の文化的価値を知ってもらう為の活動に本格的に従事。

Movies

Contact


企画・運営:株式会社umari
本事業は経済産業省関東経済産業局の補助事業として(公財)ユニジャパンが実施するクリエイティブ事業の一環として実施
Page Top